• TOP
  • ルバーブ事業
  • 教育事業
  • その他事業
  • 会社情報
  • ◎ルバーブとは


     ルバーブという野菜をご存知ですか?
     ロシアのシベリア地方原産の野菜です。欧米では昔から一般家庭でも食されている身近な食材です。見た目は蕗に似ていますが、火にかけるとすぐに繊維状にバラけてしまう野菜です。酸味が強く、主にジャムやパイ、ケーキ等に使われております。
     日本では明治時代に長野県周辺で一度栽培されていましたが、酸味が強いことから当時は一般には普及しませんでした。しかし、近年の食の欧米化が進んだことにより、日本でも徐々に食べられるようになってきた野菜のひとつです。

    今現在、ルバーブには以下のような効能が期待されています。
    ・動脈硬化予防
    ・脳梗塞予防
    ・心筋梗塞予防
    ・高血圧予防
    ・腸内環境改善
    ・抗菌作用
    ・骨の強化
    ・がん予防

     ルバーブには、食物繊維が多く含まれているため、腸内環境をよくする効果が期待されています。また、体内の余分なナトリウムを排泄するカリウムも多く含まれているため、生活習慣病の予防にも良いとされています。それに加え、カルシウムとビタミンKが含まれているため、骨を強くする作用も期待されています。

    ※ルバーブは漢方薬の一つである大黄の一種です。子宮収縮を促進する作用がありますので、出産を控えた妊婦さんは摂取を控えてください。また、授乳中の乳児がいる場合でも摂取を控えてください。母乳の中にルバーブの成分が混じり、それを乳児が取り込んでしまった場合、下痢等を引き起こす可能性があります。

    ルバーブ赤

    下記の図は、ルバーブと梅の成分を比較したものです。


    成分比較表

     購入はこちらをご覧ください。